2018年7月16日月曜日

建築家という選択肢もある。

住宅の建て方も色々。

家を建てる場合にまず初めに思い浮かぶのがハウスメーカー。

大手の有名どころでいうとセキ○○ハウスとか、ミ○○ホームとか、住〇林業とかです。
(テレビCMバンバン流れてますからね💪お金あっていいですね~)


信用やブランド、組織としての対応力といった事を重視する方はこういった大手ハウスメーカーを選択する傾向が強いと思います。



次に地元の工務店。

こちらは大手ハウスメーカーさんの質感では物足りない方や伝統工法、素材としての”木”を重視した方が建てられる傾向が強いですね。



最後に建築家の方に依頼するケースです。

大手ハウスメーカーの画一的なデザイン・素材感や、地元の工務店さんのデザインでは物足りない方はこちらのケースになる傾向が強いです。


建築家への依頼も敷居は高くないです。


ある程度理想の家や”家”に対して拘りを持ちたいという方におすすめしたいのが建築家へ設計を依頼することです。

一見、建築家に設計をしてもらう事は敷居が高そうですが、実はそんなことはありません。


建築家として独立をする方のほとんど建築大好き人間です。


独立を夢見て設計事務所で修業をしていたりしているので細部へのこだわりや専門性・センスではピカ一です。


また、大手ハウスメーカーでは色々な部分で制約がありますが、建築家ではほぼゼロ。
(法規的な制約は同じですよ。また、得意不得意はあると思います。)


人と人のつながりがある。

大手ハウスメーカーの様に全国規模でなく、地元で活動されている方がほとんどなので転勤がある訳でもなく、この方だと思ったら一生のお付き合いになります。

スーパー(大手はハウスメーカー)で買うのか地元の八百屋さん(建築家)で買うかの違いです。

それだけに人と人のつながりを重視したり、アフターフォローを重視する方であればなおさらおすすめです。

建築家へと聞くと気難しそうですが、殆どの方は気さくな方。

色々な雑誌でご自身の気に入ったデザインの建築家の方の話を聞いてみるのも宜しいかと思います。


あと、このブログで建築家へ依頼を決意したらストーブは当店でお願いします。😍