2012年12月13日木曜日

松本市安曇(稲核)でシモタニのペレットストーブ『ALCOTT』設置しました。

平成24年12月12日に、松本市A様邸でShimotani製ペレットストーブ『ALCOTT』の設置取付けをしましたのでご報告いたします。

午後1時過ぎにA様邸に到着し、早速工事開始。
まずはストーブの配管を通す箇所の穴あけを行います。

穴あけ完了後、ストーブ本体の設置を行い、貫通させた壁穴に配管を通し、垂直・直角・水平を確認して固定します。


A様邸では、以前薪ストーブを使用されていたとのことで、壁面の遮熱対策としてレンガが積んであります。

ペレットストーブ下の炉台鉄板は、床汚れ対策のために、ご主人様が自作されたものになります。

スイッチを入れ燃焼の確認を行います。
無事着火しました。ほっとする瞬間ですね。

最後に、ご主人様とストーブで記念撮影をしました。

ペレットストーブはただの暖房器具ではなく、寒い冬を快適に楽しむための道具の一つです。

これでA様ご家族もご自宅での楽しみが増えたと思いますが、このストーブを末永く可愛がっていただければと思います。

これから長いお付き合いになりますが、よろしくお願いします。