2014年7月8日火曜日

世界一の薪ストーブメーカーTRAVIS INDUSTRIES社訪問(最後)

帰国の日、二日酔いの中ショッピングモールでお土産の買い物をしました。


久しぶりのアメリカ本土ともお別れです。


研修受講者にはこのように修了証が発行されます。


アメリカ(北米)にはEPAという環境保護庁があり、薪ストーブの煙に関しては欧州より厳しい規制が有ります。

その中で各メーカーが切磋琢磨して、高性能なストーブの開発に力を入れています。

燃えるものはストーブの炉内で燃えつくす、といった姿勢がケープコッドの開発につながったのかもしれません。

日本にも劣らないアメリカの開発精神ですが、今回の旅でアメリカの底力を見た気がしました。