2014年10月25日土曜日

だん暖リフォーム相談会 主催エーシン岡谷店 に出展しました。

10月24日・25日とエーシン様岡谷店にて行われた『だん暖リフォーム相談会』に出展いたしました。


両日とも多数のお客様が来店され、断熱工事やペレットストーブに関心をもたれていました。

ペレットストーブに関心を持たれた方の一言目は『暖かい』との言葉です。それだけ灯油や電気式の暖房が暖かくないということと、ペレットストーブの認知度が低いということでもあります。


『火を見ているだけでも暖かくなる』 
『ペレットは1日どれ位使うの?』 
『ペレットは何処で売ってるの?』
『どれくらいの広さを暖められるの?』 
『火事の危険は無い?』
『スイッチはどこ?』
『メンテナンスはどれ位の頻度で?』
『タイマーもついてるの?』
『煙突は必要?』

などと言った質問が多く、

早く『お宅はペレットストーブ何処の?』
『うちは○○だけど、おたくは?』
『うちは△△よ』 といった会話が一般的になるような段階にならないとな~、なんて思いました。



今後も展示会やイベントへの出展の必要性を認識しましたので、各種イベントへの出展要請がありましたら極力参加していきたいと思います。

イベントに火(華)を添えたい方がいらっしゃいましたら当店までご連絡をお待ちしております。

2014年10月22日水曜日

重要《ホワイトペレット発売開始》  ペレットストーブ使用者必見ですよ~ 

本日10月22日よりホワイトペレットの発売を始めました。

10時40分頃ペレットを積んだトラックが倉庫に到着です。


フレコンバック1袋に650㎏のペレットが入っています。

これを今回は11袋下ろします。合計7,150㎏です。


二段に積んでいるので高さがあるため、上段の袋を下ろすときは熟練の技が必要なのです。

今回のこのトラックは床面が前後に動く機能が付いています。
荷を下ろすと前方の荷が後ろに動いてくる高性能なトラックです。これでフォークリフトだけで荷下しが出来るのです。


今回荷下ろしを手伝ってくれた㈱大将の中村社長は、松本市波田町でお米屋さんを営んでおります。

㈱大将様はこのペレットの販売店にもなっていただいており、拘りのお米を販売しておりますのでペレット購入ついでにお米の購入もいかがでしょうか。

1時間ほどで11袋の荷下ろしも無事完了しました。



ペレットの販売ですが、今の所このように米袋に20㎏詰めで販売する予定です。

当店でストーブ本体を購入された方は10kgで480円、下記のような20㎏詰めで960円になります。
上記金額は配達料込みの金額です。

灰が少ない高品質なホワイトペレットで、この金額は相当お安いと思いますよ!

(配達可能な区域や数量等は問い合わせをして下さい)


また、他店ストーブ本体を購入されたお客様は10kgで500円、20㎏詰めで1,000円になります。

こちらのホワイトペレットは店頭販売は行っておりません。配達のみの販売になりますので詳細については問い合わせをお願いします。


さて、こちらのホワイトペレット、袋を開けると松のやさしい香りがして『ピュア1号』とは一味違った繊細さがあります。

燃焼状態も『ピュア1号』と同等かそれ以上です。


今回のホワイトペレットの発売に至ったのも、『全木ペレットは灰が多い』という声を受けてのものです。
灰を捨てる手間暇が少なくなり、炉内のメンテナンス回数が大幅に減ります。

このような対応もペレットストーブの普及に力を入れている専門店ならではです。(自画自賛)

ということですので、ストーブ本体の購入も是非当店で!!



フレコンバック売りも可能で、その場合価格も相談しまっせ~ということで、自宅に荷下ろし設備がある方はご検討いかがでしょうか。

2014年10月18日土曜日

2014信州ワインサミット in松本

10月16日(木)~10月20日(月)の間で行われている『2014信州ワインサミットin松本』に行って来ました。


第1回目が開催されたこのイベントですが、県内各地のワイナリーが出展していてそれぞれグラス単位で飲むことが出来ます。


ワインと同時におつまみも注文できます。


ワインコーナーにはソムリエさんもいるので好みの味を相談する事も出来ます。

昨日は肌寒い気候でしたが、お客さんもたくさん来ていて空席を見つけるのが大変なほど大盛り上がりの夜でした。

2014年10月6日月曜日

第7回安曇野環境フェア2014に出展します。

10月11日(土)と12日(日)に安曇野市堀金総合体育館で行われる『第7回安曇野環境フェア2014』に出展します。

当店は先週に引き続きリンカル社のペレットストーブを展示する予定です。

人形劇やリサイクル自転車の展示・頒布、水で遊べるおもちゃ作りなどのイベントが行われる予定ですので、ご家族全員で是非ご来場ください。




信州木質バイオマス展INイオン佐久平 に出展しました。

10月4日(土)にイオン佐久平店で行われた『信州木質バイオマス展』に出展いたしました。

当日はシモタニの樋口さんが飛び入り参加でオルコットを展示。リンカルとともにカッコイイ・こんな形のペレットストーブがあるんだ、という声も聞けました。


これだけのメーカーの薪ストーブ・ペレットストーブが一同に会する事はないので、導入を考えている方には参考になったかと思います。




まだまだイオンに来店された方全員が見ていくという環境ではないです。

しかし、今の生活を続けていけば確実に化石燃料は枯渇します。

まずは、暖房だけでも木質バイオマス燃料を使うシステムを確立していかないといけませんね。


2014年10月3日金曜日

温水ルームヒーター使用者必見です。実邸調査『ペレットストーブコスト比較』

本日、昨年ペレットストーブを設置されたお客様のメンテナンスにお伺いしました。


こちらのN様邸ですが、一昨年までは温水ルームヒーターを使用されていたのですが、『寒い・うるさい・コスト高』ということで、昨年イタリア リンカル社のペレットストーブを導入いただきました。


温水ルームヒーターとペレットストーブの燃料代をお聞きしたところ、一昨年の灯油使用料が1,170ℓ昨シーズンのペレット燃料代が¥76,820-で、10㎏袋にすると167袋でした。

灯油1ℓ100円で計算しても\117,000-になりますのでペレットストーブとの差額は\40,180-です。灯油1ℓ110円の場合\128,700-ですので、差額は\51,880-です。ペレットストーブ本体の元は数年で取れてしまいます。


しかも約45坪ほどのお家全体が温水ルームヒーターの時より暖かくなったとのことですので、以前の寒さで過ごしていれば差額はもっと多くなるといえます。
おまけに機種によってはお鍋を暖めたり火を眺められたりと良いことずくめです。


本格的な冬が来る前にご検討いかがでしょうか。