2016年1月30日土曜日

必見!新型機種見学

本日は関東方面へ出張.
帰りにPIAZZETTA社やトラビス社の輸入元のGREENHOOD様へコーヒーを頂きに訪問。(笑)

ショールーム内は依然訪れた時よりも様変わりしていて新型機種が多数展示されていました。



まずは玄関ドアを開けると目に飛び込んでくるのがフローリンのボイラーです。
とてもボイラーとは思えないオサレなデザイン。進化してますねー。

こちらは薪ボイラーで操作盤下のドアを開けると・・・


燃焼炉があって


その下に灰が落ちてくる仕組みです。ハイ


こちらがボイラーで沸かしたお湯を貯める貯湯槽。
内部が見えるようになっているのは展示用だからです。





こちらは今シーズンから輸入開始のP958Mです。

P955より若干スリム&シンプル。
重厚感は右奥のP955の方が↑のような気がしますね~。


こちらはP960F。注目のオープン付きペレットストーブです。

背面側が絞れているデザイン。



パンやピザ 何でもオーケー♪です。
冬の楽しみが増えますね。


ただしペレットの投入はちょっと難儀。
踏み台や脚立が必要です。あと覚悟も必要。(汗)



最後はTRAVIS社の新機種ロックポート(右)。

左はケープコッドなのですがサイズはさすが弟分ひと回り小さい、これなら日本の家にもジャストサイズです。




燃焼方式もケープコッドと同じハイブリッド方式なので燃費もGOODです。


鋳鉄表面の仕上げやRの美しさは秀逸ですね。



側面には『ROCKPORT』のロゴ入りです。



先日の薪ストーブライフさんの取材時にも感じていたのですが、多種多様なストーブが発売されてきた今、薪ストーブ/ペレットストーブ共にただ単にポンと置いて終わりという時代から、よりハイセンスなデザインや高機能/多機能といった製品へ移行しつつある気がします。

より作りこまれたデザインのストーブがいい、ストーブの熱を他の部屋へ分配したい、オーブン機能付きが欲しい、燃費のいいストーブがいいなど、ある程度ストーブに接してきた方が今までのストーブに飽き足らず次世代型のストーブを求め始めている気がします。

ストーブの世界、広くて深いんですよ~、休みの日はストーブ屋さんへgo。