2014年4月26日土曜日

GREENHOOD様訪問(その2)

RIKA社の特徴としまして、ストーブの外装に石材(ソープストーン)を使っているということです。

石なので熱持ちが良く、切った後も暖かさが長続きします。


まずは、RIKA社の薪ストーブ FOX(価格\510,000-)から。


ECO PLUS(\540,000-)ですが、こちらは薪ストーブながら電気制御で自動温度管理が出来る製品です。



こちらはECO(\480,000-)


TARA(\580,000-)
このTARAになると重さが390㎏とかなりの重量になります。
それだけ石材に熱が蓄積されるということですね。


こちらはSCENA(価格\595,000-)
暖炉の様な、テレビの様なという感じのデザインです。


JAZZ(価格\580,000-)
角置きを意識したデザインです。


次はRIKA社のペレットストーブです。

TOPO(価格\730,000-)
RIKAのペレットストーブは送風ファンが付いていない輻射熱によって暖めるタイプです。


COMO(価格660,000-)
このCOMOの外装はセラミックストーンになります。