2015年9月24日木曜日

新型ペレット燃焼中

昨日とある方からの電話で「自社のペレットを試してもらいたい」、との連絡があったので詳しい話を聞いてみると、木の加工時に出てくるオガコでペレットを作っているらしく、工場と自宅の暖房用で使用しているが余剰分を販売したい計画とのことでした。



早速開封してみると、香りはマツ・スギ系とは違い何と言うか体育館の香り・・・。 スミマセン表現力無くて。


適度に圧縮が掛けられていて硬さは十分。


早速、当店のレバナで試してみると、いつものより多少着火に時間が掛かるので、着火ヒーターが頑張ってる感じがわかります。


燃焼が開始してみると結構火力が強いではないか。


暖かさは十分。


地域の木工作業所などから出てくる端材を燃料にするのも立派な地産地消です。


本来は間伐材を直接ペレットにするのではなく、製材や木工作業所から出てくるオガコをペレットにする方が木の有効活用といった面では正解です。

山の恵の有効活用。
今後はこういった動きも活発になるのではと感じた一日でした。