2014年5月31日土曜日

世界一の薪ストーブメーカーTRAVIS INDUSTRIES社訪問(その5)

午後からは開発部署の見学です。

ケープコッドの燃焼試験をしているところです。


ケープコッドもオプションで送風ファンを着けることが出来ます。

これで家の隅々まで暖かくなります。


このスイッチでファンの強弱の調整が出来ます。


この曲線はケープコッドの特徴です。


お次はライデンです。




トップローディングなので天板からも薪を投入できます。


基本的に写真撮影禁止なのでこれだけしか写真が有りませんが、このほかに検査施設などがあり会社としてしっかりとした体制だというのが窺えます。


この日の研修はここまでです。

この後、近所のストーブ販売店を見学させてもらいました。



展示方法一つとっても参考になります。


こちらは熱効率の悪い暖炉への薪ストーブを取付例です。

このような工事がアメリカでは増えているとの事です。


巨大な薪ペレット。



このようなガーデン製品も販売しています。


郊外のスターバックスの店員を撮影させてもらいました。素敵な笑顔ですね。


ボーイング社の博物館にも行きました。


この日の夕食は海辺のレストランでいただきました。


暑い日のビールは最高です。



食後は海岸を散歩しました。
たしか時間でも20時過ぎ位です。まだまだ明るいですね。


日の入りが遅いので、平日でも遊びに来る人が多数います。


陽気なアメリカ人たち、気軽に写真撮影に応じてくれます。


こうして楽しい思い出を作ることがトラビスツアー2日目でした。