2014年1月19日日曜日

薪ストーブ炉内掃除

ここ数日、自宅の薪ストーブ(エンライトミディアム)の燃焼がおかしいと思っていた。

具体的には
・暖まり方が以前に比べ暖かくない。
・そのため薪の使用量が多い。
・灰が溜まりやすい。等々

今朝炉内をチェックしたところ、炉背面の再燃焼ボックスへの煙道に灰が溜まっていたため、三次燃焼がうまく行われていなかったことが判明。

灰を除去し夕方火を入れてみたところ、少ない薪の量でも暖かいではないか。


部屋の温度計も23度と、この薪の量と外気温(-6℃位)を考えれば明らかに改善されています。


オーロラの様な炎も見事に発生し、炉内の耐火セラミックへも黒いすすが付いてません。

また再燃焼ボックスへ炎が吸い込まれていくのが分かります。

こころなしか、灰の発生も少ない感じがします。

ストーブの性能を100%引き出してる感がしています。

さすが、ダッチウエスト『エンライトミディアム』良いストーブです。