2013年11月20日水曜日

古民家リフォーム完成現場見学会に参加してきました。

11月16日と17日で行われたエーシンさんの完成現場見学会に参加してきたのでご報告します。

古民家のリフォームとして内外部とも大規模な改修が行われました。
(改修前の写真は手元にございません)

茅野市の某所W様邸で完成現場見学会が開催されました。


暖房はペレットストーブでリンカルの『ペルラ514S』を採用頂きました。

設置をした時は工事中だったので、床の養生等が有りましたがキレイさっぱり無くなっていました。

入口玄関上に設置してあるステンドグラスです。奥様が製作されたとの事。


ストーブの色はワインレッドです。
古民家に設置しても違和感がないです。


今回の煙突貫通場所はサッシ上の壁になります。
黒の煙突がカーテンボックスや梁の色にマッチしています。
これくらいの煙突の長さだと格好いいですね。


使い難い、寒い、広すぎ等の理由で壊されてしまうことが多い古民家ですが、キレイにすればこんなに素敵な家に変身です。





今回の見学会にお越しいただいた方は皆さん口々に「こんなにキレイになるんだね」と仰っていました。また、ペレットストーブの暖かさも体感いただき大変好評でした。

リフォームの専門家のエーシン様も「今までペレットストーブ以外の暖房製品をおすすめしてきたが、暖かさはペレットストーブに敵わない」と仰っていました。

長野県の寒さを考えると、蓄熱暖房機やエアコンでは無理があります。

来年度消費増税の影響で長野県内も建築ラッシュです。

設計段階でキチンとした暖房計画をしないと、後々の出費に繋がります。

建築中またはこれから着工予定の方も、暖房計画の変更はまだ間に合いますので、ペレットストーブの検討をされて見てはいかがでしょうか。


このようなリフォームに興味のある方は下記よりエーシンさんお問い合わせください。