2013年7月29日月曜日

安曇野市クラシックカーミーティングに行ってきました。

7/28(日)安曇野市のvif穂高内でクラシックカーミーティングが開催されたので見学に行ってきました。


知り合いのセリカを所有するN氏の主催で、全国から約100台のクラシックカーが集まりました。

会場に入るといきなりマセラティとフェラーリ2台のお出迎えです。


車好きには憧れのフェラーリです


こちらがN氏の所有するセリカです。


こちらはいすゞ117クーペ。
短期間ですが角目のディーゼルに乗っていたことがあります。

こちらはべレットです。この頃のいすゞ車は味のある車が多いです。

続きましては日産車です。
こちらはスカイラインです。

三代目のグロリアです。

フェアレディZです。
小さい頃の憧れの車でした。

こちらはフェアレディです。

レパードです。この頃の日産車はデザインが魅力的でした。
VGエンジンも魅力です。



マツダの2台目コスモです。懐かしいです。

ご存知RX-7。悲しいですが、今はロータリーエンジン車は市販されていません。

スバルの初代アルシオーネです。
この近未来的なデザインはスバルでしか発売できなかったかもしれません。

初代レオーネでしょうか。



お次はトヨタ車です。
これはパプリカコンバーチブル。

初代ソアラです。この頃の日本の車には夢がありました。
3000cc車に1年くらい乗りました。
高回転の伸びは無かったのですが、燃費も良く快適でとてもいい車でした。

最後はホンダのS600

ホンダのエンブレムカッコイイです。


このほかにも多数の車が出展されていました。
一口に昔の車がいいとは言いませんが、単なる懐かしさだけではなくデザインの魅力は現代の車には無い味があるのは確かです。
今の自動車メーカー各社の燃費競争もいいですが、ユーザーの要望はそれだけではないはずです。

走って楽しい車・眺めて美しい車作りにもっと力を入れてほしいと思った一日でした。