2013年5月9日木曜日

玉切り台の使用感

前回完成報告をした玉切りですが、今日は実際の使用感を報告したいと思います。

形は見ての通りで、原木を数本乗せられる様にしています。
そのため、切ったそばから次の木を切っていくことが出来ます。
チェーンソーの遊び(切っていない時間)が少ない為、燃費(実際に切った数量と燃料の減り)が地下置きよりは格段に良くなりました。

原木の受けの部分の長さも40cmで作っている為、均等に切ることができます。

そして何より良いことは、下向きでの作業にならないため腰に負担が掛かりません。

これで玉切りの時間が大幅に削減できます。

動画はこちらから確認お願いします。


約1時間弱での成果がこちらになります。



今回は角パイプで作ったのですが、野ざらしの為所々サビが出ています。
ver2ではD25位の鉄筋で作ってみようと思います。