2013年2月23日土曜日

簡単な必要暖房能力の計算方法

暖房を設置する場合、どれ位の能力のものを設置すればいいか悩む方は多いかと思います。

実際に当店に来店されるお客様の中にも 「新築したのはいいけども家が寒い」 という方が多くいらっしゃいます。
特に蓄熱暖房機を設置された方がその傾向が強いです。

ということで、今回は簡単な必要暖房能力の算出方法をお伝えしたいと思います。

各種暖房器具のカタログには、暖房能力や暖房可能面積が記載されていますが、輸入製品などは暖房能力しか記載されていない製品もあります。
寒い信州の冬です。せめて家の中くらいは暖かく過ごすためには、各自確認の意味で算出されたほうがいいのかと思います。

設定温度は18~20℃程度に暖めるとします。

まず、暖めたい部屋の面積を算出します。仮に50㎡だとします。

次に天井高を求めます。仮に2.6mだとします。

最後はkwなのですが、断熱性能のいいお家で 0.04kw~0.05kw/㎡、断熱性が悪い・もしくは頻繁に戸などを開け閉めするお部屋の場合は 0.05kw~0,06kw/㎡になります。


計算式は面積×天井高×kwになりますので、
この場合は50×2.6×0.04(断熱性のいい場合)=5.2kwとなるので5.2kw程度の暖房能力は必要になるということです。


これは簡単な算出方法なので、あくまで目安としてお考えください。建築地や近隣状況・サッシ面積などによって変わってきますので、詳しくは当店スタッフまでお問い合わせください。
ご来店いただく場合は、設置予定建物の図面をお持ちくださいね。