2012年12月25日火曜日

薪ストーブの煙突掃除

ここ最近、使用した薪が乾燥不十分だったため、炉内に入れると『ジュージュー』と音をたてて水分を放出していたので、煙突を取り外して点検を行いました。


厚さにして1㎜も無いくらいですが、せっかく取り外したので掃除を行います。

直管のところは上記のように1㎜弱程度の付着量なのですが、45°エルボの部分は結構な量が・・・。



掃除で使うブラシですが、煙突を傷付けないために柔らかい毛のブラシを使います。

掃除が完了して煙突の再設置をします。煙突を軽く叩くと、軽い音がします。
これで、サンタさんがプレゼントを持ってきてくれるかもしれません。


今回は煙突の下部しか行わなかったのですが、次回は上部を掃除したいと思います。

薪ストーブを安全に使用するために、定期的に煙突のチェックと掃除をしてください。